〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目-32-7 MSKビル2F
地下鉄丸ノ内線・都営大江戸線本郷三丁目より徒歩3分

03-5684-1431

休診日:火曜日・日曜日・祝日

桜皮膚科

トップ > Q&A

よくあるご質問にお答えします

Q.保険証は必須ですか?

A.毎月の保険証確認が医療機関には定められています。ご協力の程、お願い致します。
また、後期高齢者証や各種医療証をお持ちの方も、毎月のご提示をよろしくお願い致します。

Q.自費扱いには、どのような診療やお薬がありますか?

A.「お悩み別メニュー」ページの「レーザー治療」と「自費の扱いになるもの」をご参照ください。

Q.アトピー性皮膚炎の治療は、どうしますか?

A.「アトピー性皮膚炎の治療は、日常生活に支障がない程度に病勢のコントロールを目指します。
使用する外用薬は、主に以下の4種です。

かゆみが強い場合ののみ薬
抗ヒスタミン剤や、抗アレルギー剤が併用される事もあります。

Q.足白癬(足水虫)になりました。どんな治療がありますか?

A.足白癬の基本は、抗真菌薬の外用です。
びらんや浸軟(しんなん)がある場合は、ステロイド外用薬などで、病変を改善させて、抗真菌薬を使用します。
ただし、爪白癬などは、抗真菌薬の内服が適応となりますが、持病のお薬などで、併用できないケースもあります。

Q.顔だけでなく、背中や胸にもニキビができます。どうしてでしょうか?

A.ニキビは顔だけでなく、背中や胸にもできます。
背中や胸にも皮脂腺があり、過剰な皮脂の分泌などでできます。

Q.レーザーで シミをとった場合、どのようにとれますか?

A.レーザー照射後、表面が白っぽくなります。徐々に日を追うごとに痂皮(かさぶた)ができ、色が濃くなります。
およそ8日目あたりにかさぶたがとれます。(場合によっては2週間ほど)
新生した上皮はピンク色です。たいへん敏感な時期です。レーザー照射後はテープを貼って頂きます。
このあと、場合によっては数週間後にレーザー後の色素沈着がおこることがあります。
数ヶ月以内に自然に消失することがほとんどです。
照射部をこすらず、やさしく保護して下さい。

レーザー照射後の色素新着

●レーザー照射から1ヶ月以内に残ったシミ
照射1ヵ月後が、炎症後色素沈着が濃くなっています。
ほとんどの場合、自然に消失します。
●レーザー照射から3ヵ月後に残ったシミ
自然消失が可能です。ハイドロキノン軟膏を塗りましょう。
この時、ハイドロキノン軟膏にかぶれないか、パッチテストを行います。
●レーザー照射から6ヶ月後に残ったシミ
自然消失はほとんどないです。
ハイドロキノン軟膏を塗って頂きます。
レーザー治療(QスイッチYAGレーザー、CO2レーザー)
桜皮膚科は地域柄、男性やご高齢の患者様も大勢ご来院されています。
ニキビ肌、アトピー肌、敏感肌、炎症肌でお悩みの方もお使い頂ける、100%ミネラルの化粧品、UVクリーム、ボディローションを取り扱っています。
長時間効果が持続する、制汗剤パースピレックス
漢方薬の処方をしております。

クリニック概要

地下鉄丸ノ内線・都営大江戸線本郷三丁目より徒歩3分

休診日火曜日、日曜日、祝日

《ご持参頂くもの》保険証、医療証、診察券、お薬手帳(お持ちの方)